NPO法人日本ノルディックフィットネス協会 2017年度総会及びセミナーのご案内

 
下記の日程で2017年度総会及びセミナーを開催いたします。
なお、総会及びセミナーはNPO法人 日本ノルディックフィットネス協会の会員様(個人会員・団体会員・賛助会員)のみにご案内を差し上げております。


 ■日   時     2017年8月26日(土)

 ■スケジュール     12:30   受付開始

            13:00   セミナー開始 (セミナーの詳しい内容は下記をご参照ください。)

            15:00   第9回JNFA総会

                                       17:30   交流会(懇親会)

 ■会   場     日立システムズホール仙台 3F エッグホール                  

                                       http://www.sendaiycc.jp/(仙台市旭ヶ丘青年文化センター)仙台市青葉区旭ケ丘3丁目27番5号

                                       TEL:022-276-2110

                                      ※会場には地下駐車場がございますが有料です。(フレッシュフードモリヤの駐車場は有料になりますがご利用できます)

                                         できる限り公共交通機関でお越しいただきますようご協力をお願い致します。

                                       ※JR仙台駅からのアクセス(地下鉄)仙台市地下鉄南北線・泉中央行「旭ヶ丘」下車。所要時間は約12分です。

 

 

 

   
 

 

 

NPO法人日本ノルディックフィットネス協会総会記念セミナー

 

2017年8月26日(土)            司会進行:JNFA普及啓発部

13:00~14:45

 

①  挨拶及び「INWAとJNFAの役割」          竹田 正樹JNFA会長

②  「運動療法としてのNWの可能性と課題」      河村 孝幸JNFA理事

③  「認知症予防とノルディックウォーキング」     大須美律子INFA AI

④  「高齢者のための運動機能向上訓練の現状」     永富 良一JNFA顧問

⑤  総合討論

 

 

※ご参加は事前のお申し込みが必要です。ご参加の方は、会場の関係で先着70人です。

 
 
 

 

NPO法人日本ノルディックフィットネス協会 交流会(懇親会)

 

2017年8月26日(土)              企画JNFA普及啓発部

17:30~19:30

参加費 3,000円

会 場 日立システムズホール仙台 1階 「けやきの杜」

     ※総会会場と同じ建物の1階になります。

     ※参加費は会場で集めさせていただきます。

 

 

 

 

Kiitos!!10周年! "フォトコンテスト 結果発表!"

 

JNFA10周年記念フォトコンテストへたくさんのご応募ありがとうございました!

情報提供部と事務局部で行った厳正なる審査の結果、以下の作品が選ばれました。

JNFA10周年を記念して開催しました「フォトコンテスト」に全国各地から作品をご応募いただき誠にありがとうございました。「ノルディックウォーキングの楽しさが伝わる写真」、「"Kiitos!!JNFA10周年"が感じられるような写真」の観点から情報提供部とJNFA事務局で投票を行いました。 投票にて1位から3位を決定いたしましたが、それ以外の作品もとても素敵なものが多かったので、特別賞を設けさせていただきました。多彩なシチュエーションでバラエティーに富んだ作品が多く、ノルディックウォーキングの楽しさがヒシヒシと伝わってきました。 入賞者には表彰状と10周年JNFAオリジナル記念品を進呈いたします。 (JNFA情報提供部)

 グランプリ





「JNFA10周年おめでとうございます!ノルディックウォーキングが国民の健康増進に益々定着していくことを祈念しています。」
  三重県鈴鹿市 音無 武さん(BI)
青空と斜面の色のコントラストもよく、人とポールで描いた「10年JNFA」の文字がくっきりで素敵ですね。



「名古屋から人文字でお祝いします。10周年おめでとうございます。 約70名の作品です。」    
 愛知県 鯱歩行倶楽部  小野澤 広利さん(AI)
70人の皆さんのお祝いの気持ちがしっかり伝わってきました。





「10周年をお祝いして琵琶湖湖岸の砂に10Yと書き撮影しました。ノルディックウォーキングで元気&HAPPY!」
 滋賀県 CSCクラブサンタクロース   土井 易さん(BI)
片足上げた姿がとてもチャーミングですね。

 特別賞

「ナイスフォームで賞」  

愛知県 水野 博芳さん (BI)


「お茶目で賞」


愛知県 松田 れいこさん(BI)


「ハートが詰まっているで賞」

鹿児島県 宇治野 美幸さん(AI)

「楽しさが伝わってきたで賞」

東京都 校條(めんじょう)諭さん (AL)





JNFA 熊本地震被災地支援プロジェクト実行委員会結成


熊本市の水前寺江津湖公園にJNFA公認NWコースを提供


 2016年4月に発生した熊本地震から一年が経ちました。
JNFAでは、2016年4月28日より、熊本地震被災地支援プロジェクト(チャリティー缶バッジの制作、販売とチャリティー募金、罹災証明を受けた方の1年間の会費免除)
を開始しました。
このプロジェクトにより、約3ヶ月間で485、293円の支援金が生まれました。会員の皆様のご厚意に心より感謝申し上げます。  
このプロジェクトにあたり、地元の「熊本ノルディックウォーキングクラブ」を中心とした実行委員会が結成され、
協議の結果、被災地の現状を踏まえた支援として、熊本市街地にある「水前寺江津湖公園」にJNFA公認コースを整備することになりました。  
年齢を問わず気軽に始められるノルディックウォーキングが、多くの方々の健康維持に役立つことを目的としています。 

支援金の活用についての詳細

①JNFA公認コースは通常3年の契約更新ですが、今回は特例として5年更新とします。  
②JNFAへの認定料は発生せず、コースの立看板やマップ作成など公認コースのための準備、実行委員会の運営などには、会員の皆様からの支援金が当てられます。
 支援金はすべて実行委員会の元で管理され、その報告も行います。
③現在、水前寺江津湖公園では補修工事が行われており、全面開園は2017年夏の予定です。  
  JNFA公認コースは2017年中のオープンを目指しています。


都市公園100選に選ばれた 水前寺江津湖公園

人口70万人の大都市に珍しく貴重な水生生物、野鳥をみることができるオアシス、江津湖の周囲をぐるりと囲む形で立地する都市型公園で、日本の都市公園100選の一つに選ばれています。
遊歩道やサイクリングロードが整備されているほか、芝生が広がる場所もあり、休日には湧水広場や遊具で遊ぶ親子連れなど多く見られます。
また、湖に隣接する形で動植物園もあり、一帯は市民の憩いの場や子どもたちの自然学習の場として活用されています。








熊本地震被災地支援活動(チャリティー缶バッジ)収支報告


あらためまして、熊本地震で被災された皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。
JNFAでは、2016年4月28日より、熊本地震被災地で罹災証明を受けた方には1年間JNFA会費の免除することと、
チャリティー缶バッジを購入して被災地支援を行うプロジェクトを実施しました。
また、チャリティー募金も実施しました。

6月27日に、2500個製作した缶バッジが完売致しました。
全国のJNFA会員の皆様、そのほか、イベント等でご支援いただいた皆様に感謝申し上げます。
ありがとうございます。当初の予定より缶バッジの注文数が増えたことで制作費が抑えられ、
一個につき120円より34円多い、154円の支援金が生まれました。(1個46円)

7月6日にご注文いただきました缶バッジを発送しましたので、収支のご報告を申し上げます。

*団体会員様より、2016年10月にチャリティー募金があり、支援金が以下のようかわりました(2017年4月15日 更新)


 
     ありがとうございました!

支援金合計額 490,103円


◼︎チャリティー缶バッジとチャリティ募金の収支報告

①楽天銀行(チャリティー缶バッジ購入用にした口座)入金明細

缶バッジ代        506,400円
チャリティ募金      104,803円
------------------------------------------------
楽天銀行残高          611,203円


②缶バッジ製作経費明細

缶バッジ製作費      116,100円
送料分(振込に含まれる)  5,000円   
-----------------------------------------------
経費合計         121,100円


支援金合計額 ①−② 490,103円
--------------------------------------------

*支援金を活動資金にするときに、支援金移動にかかる手数料は引かせていただきます。

◼︎缶バッジ購入者ならびに募金人数の内訳

●缶バッジ購入者数
  個人   36名
  団体   24団体

●チャリティ募金
  個人   1名
  団体   3団体


◼︎支援金の活用について

支援金の活用につきましては、被災地の様子に合わせ、より良い方策をJNFA理事会で検討し実施していく予定です。
今後、その活用の報告もさせていただきます。








賛助会員 

Scroll to top